精神保健福祉士 求人・転職・就職・仕事の募集情報

精神保健福祉士の求人募集情報

精神保健福祉士とは

医療機関ではPSW(Psychiatric Social Worker)という愛称で親しまれています。
精神障害者の保健や福祉に関する専門知識・技術をもって精神病院や他の医療施設で精神障害の治療を受けている方、 又は精神障害者の社会復帰を目的とした施設を利用している方の相談、訓練、指導、助言等の援助を行う仕事で、 精神障害者と社会をつなぐパイプの役割を果たします。
精神保健福祉士法の制定後、平成10年に国家資格として創設されました。
社会福祉士と併せて受験するケースもあります。

精神保健福祉士の主な仕事内容について

退院後の生活や就職に関するような社会復帰のための相談や、金銭管理など生活適合のための訓練を支援します。
家庭や職場、学校などとの連絡調整を行うこともあります。

精神保健福祉士の求人に関わるお問い合わせ 人気ランキング第1位

介護求人ナビ

●未経験や無資格でも可能な求人が、数多く紹介されているのが特長です。
●履歴書や、職務経歴書の書き方、 面接のノウハウなど知りたい情報が満載です。
●新着・更新の求人数は、6,593件以上です。

精神保健福祉士の主な就職先について

精神科を持つ病院
精神障害者の社会復帰施設
精神保健福祉施設
市町村の福祉担当職員などです。

精神保健福祉士の求人・転職・就職時のおすすめノウハウ学習教材

「三流大学卒が転職コンサルに絶対無理と言われた超難関の外資系企業に転職で年収1.7倍」
非常識な転職「大」成功術!
【就職活動完全マニュアル】

あなたが、転職活動の最初から最後までをスムーズに進行できるように、転職活動の全体をサポートされます。
ですので、他の書籍を購入し勉強しなくても問題ありません。
もちろん、履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策、転職コンサルタント活かし方等、転職に必要なすべての事が、分かりやすく解説されています。
マニュアルと音声解説で構成されています。
できるだけ丁寧に隅々まで解説され、11 時間35分という長編大作のマニュアルになっています。
忙しいあなたにとって、11 時間35分の学習時間は少々骨が折れるかもしれません。
しかし、得られる結果から考えれば、たったの 11 時間35分です。
11 時間35分もの時間、転職活動を教えてくれるセミナーは行われていないでしょうし、これほどの時間をかけて丁寧な指導をしてくれる、転職コンサルタントはいないでしょう。
一日一時間だけでも、学習を進めて頂ければ、 2週間程度で全てを学習できるようになっています。
また、音声ファイルは、MP3形式ですので、空いているちょっとした時間を活用し、学習を進めることができます。
私の場合、映像よりも、音の方が理解しやすく、何度も繰り返し聞きました。
書籍や雑誌のように、売ったらおしまいではなく、無料メールサポートや転職活動コンサルティング&コーチングが無料で受けられます。
疑問に思ったことや、不安な事は、すぐに相談できます。
また、一般の書籍では、面接対策や履歴書・職務経歴書の書き方に関するものが非常に多いのですが、この転職成功術は、転職活動の最初から最後までの全体をサポートしています。
もし、6ヶ月間、努力を重ねたにもかかわらず、納得できる転職先から1社の内定を頂くこともできなかった...
そんな場合には、商品の注文6ヶ月後から返金を受け付けていますので、まずは挑戦してみることを、おすすめします。
詳細は、こちらです。
⇒  非常識な転職「大」成功術!


最新非公開求人情報、面接官、採用担当者からの情報特典付き
【特選】就職転職成功マニュアル

ムードに流されてただただ悲観するよりも、状況を見極めて前向きに作戦を練るほうが、好結果を生む確率は高まります!
★就職、転職はできる
一般に、公開されているのは、求人数全体の20%です。残りの80%は非公開求人です。マニュアルでは、この非公開求人情報を多数提供してい ます。また、プロのコンサルタントによる無料支援サービスの提供しています。就職転職の常識や就職転職活動全体をステップに分けて、ステップごとに成功のためのノウハウやテクニックを詳しく説明しています。
★大手外資系再就職支援会社のノウハウを超えるレベル
・就職転職に必要な独特の常識
・書類選考を通過する履歴書、職務経歴書の書き方
・合格する面接のテクニック
・年齢、転職回数、ブランクなどのカバー方法
・実際の就職転職用書類、資料のサンプル
★特典
通常は知ることのない裏情報が特典として付いています!
・面接官からの情報
・人事採用担当者からの情報
安心のサポート付きです。
あなたも、【特選】就職転職成功マニュアルを活用して、就職・転職勝ち組へ!



精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士国家試験に合格する必要があります。
試験は年に1回実施されます。

精神保健福祉士の受験資格について

・保健福祉系大学(4年)等で指定科目を修めて卒業した者
・保健福祉系短大(2年又は3年)などで指定科目を修めて卒業し、指定施設で2年以上又は1年以上相談援助の業務に従事した者
・福祉系大学(4年)などで基礎科目を修めて卒業後、精神保健福祉士短期養成施設(6ヵ月以上)を卒業した者
・一般大学を卒業し、精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
・社会福祉士の資格をもち、精神保健福祉短期養成施設(6ヵ月以上)を卒業した者
・4年以上の実務経験者で、精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者等
(実務経験とは、指定の施設での相談援助業務に限られます)

精神保健福祉士の試験内容とは

13科目について筆記試験が行われます。
(1)精神医学 (2)精神保健学 (3)精神科リハビリテーション学 (4)精神保健福祉論 (5)精神保健福祉援助技術 (6)社会福祉原論 (7)社会保障論 (8)公的扶助論 (9)地域福祉論 (10)心理学 (11)社会学 (12)法学 (13)医学一般
(6)〜(13)の試験科目に関しては、社会福祉士の有資格者は申請をすれば免除されます。
受験地:北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
試験時期:例年1月下旬
受験申し込み期間:前年9月上旬から10月上旬


おすすめ リンク

⇒ 薬剤師 求人
⇒ 品川近視クリニック
⇒ 松原クリニック
⇒ ドクタータカハシ



精神保健福祉士 関連情報

Copyright © 精神保健福祉士の求人|精神保健福祉士の求人・転職・就職 募集情報どっとネット. All rights reserved